Mar 26, 2015

カフェしました。

11056997_433833580118183_2115632720_n   hobomaru2 パタゴニアに山が見える 終了しました。 お越しいただいた皆様ありがとうございました◎   今回の会場は山梨の誇る喫茶店 パタゴニアの南喫茶店 DSC_2359   DSC_2360 わたしは昼の部のお店番をしました。       DSC_2343 テーブルの上に山角特製のパンが並び、 皆でパンを分け合いながら食べました。 DSC_2332 パンって手で食べるのがいいですよね。 DSC_2347 パンと一緒に山角のあっこさん特製サラダが食卓に並びます。 自家製ツナがど〜んとのったもりもりサラダ。 DSC_2323 みそやとパンやと四方山ばなしの会 その名の通り、いろんな業種の方がぞろぞろと集まり、自分のことパンのこと、発酵のことなんかをのんびりお話しました。 少し緊張していた空気もおいしいパンを頬張るうちにやわらいでいきました。 人と人が集まって、素敵な化学反応が起こりそこにはとっても豊かな時間が流れていました。 DSC_2350 ちょっと遠回りな話になってしまうのだけど ちょうど10年前高校を卒業して、東京の大学に進学するために上京し、それから大学生して、ニートして、会社員して約9年東京で暮らしていた。 10年前のわたしは、とにかく都会に憧れて、早く地元を出て東京で暮らしたかった。 東京には、おしゃれなお店があって流行りのものがあって、いろんな人がいて。 地元はださい。山梨には何もない。 ってずっと思っていた。 だから、 10年後の自分が地元に帰ってきてましてや家業を継いでいるなんて想像もしていなかった。 kaishagaikan なんで山梨に帰ってきたのか、 家業を手伝うことにしたのか、 今考えると、都内の消費ばかりの生活に疲れたから。そんな気がする。 山梨には生み出している人が多い。というか生産者がとても近く密接。日々の食卓を例にとっても誰かの野菜だったり、うちのみそだったり、あの人のワインだったり。(しょっちゅう同じ話しているけど・・・)それってすごく豊かで心がほくほく温まる。おいしさが2倍にも3倍にもなる。それってすごーく幸せ。山角のあっこさんが焼いたパンは、もともと大ファンなんだけど、焼いた現場を見させてもらってから、なお愛おしいし、美味しい。そーゆー作り手を垣間見えることも豊かさの1つなんだろうな。 ほぼまるの食卓が豊かだったのは、パンの種類が豊富だったとかそんな単純なことじゃなくて 目の前に作った人がいて、パンの話を聞いて味わえたから、すべての行為があの時間の幸福感が生まれたんだろ〜な。   私も五味醤油の一員となり生み出す人になったからには、ちょっとした豊かさだったり食の幸せを発信したいな。料理でつかうみその小さじ程度、ちょっとずつでいいから。 hobomaru_omote 次のほぼまるは5月3日、53の日です。

kamagra online bestellen, levitra coupon, http://onlinepharmacy-cialis.com/, kamagra oral jelly, http://onlinepharmacy-levitra.com/, viagra online, pharmacyexpress-viagra.com, viagra side effects, female viagra

詳細はまた今度〜    


The following two tabs change content below.
五味洋子

五味洋子

発酵兄妹(妹)三兄妹の末っ子として生まれ、高校卒業まで甲府市で育つ。東京農業大学醸造科学科を卒業後、2009年ライフスタイル提案会社に就職。社員食堂の立ち上げや、新規事業部で商品企画を担当。2013年味噌屋へUターン。五味醤油にて六代目を務める兄仁と二人三脚で奮闘中。WEBマガジン〔大人すはだ〕コラム連載。YBSラジオ〔発酵兄妹のCOZYTALK〕出演中。
五味洋子

最新記事 by 五味洋子 (全て見る)

Posted in blog, イベントComments Closed 

関連記事