Feb 13, 2017

色の違い 感覚の違い そんな感じ

年末読んだ 土井善晴さんの

一汁一菜でよいという提案を読んだ

久しぶりに 五味ファミリー全員で読んで感動した。

具だくさんの味噌汁とごはん、漬物があれば良いんだという
内容なんだけど。旬の野菜いっぱい入った味噌汁はとても贅沢だと思うしおかずにもなる。

味噌屋なんだけと、最近なんの味噌汁作ったか 話が盛り上がる。

いりこのやまくにさんのワークショップで出汁の良さを再確認して、年末の土井さんでバッチリコンビネーションで完全にはまった。

先日 2月11日
Love Me and Miso Soupさんと一緒だった。 コーヒーの器具でミソスープを出すグループで。
昆布の一番だし で コーヒーのフィルターに鰹節入れて カップに入った味噌にそそぐ。

『500g 800円の味噌買わないけど 一杯 400円のミソスープは買う人がいる。』


↑Love Me and Miso Soupさんデザイン20gのパッケージで地元岡崎ででした買えない。

毎日味噌汁を作ること ポップにミソスープ販売するのも
同じ味噌汁なんだよね

色で言ったら白とピンクぐらい違うことの様にみえるけど。

僕は毎日味噌汁つくる人の応援をしたいとおもう。
Love Me and Miso Soupさんのは、そもそも味噌汁飲まな人にはいいフックだなと思います。

先日読んだ記事で 北欧暮らしの道具展の青木さん オイシックスのマーケティング奥谷さんの話で

『有機の体にいいもの食べて健康ってのと ライザップ行ってムキムキで健康もどっちも健康だって話』

では聞いてください
OGRE YOU ASSHOLE で なくした


The following two tabs change content below.
五味仁

五味仁

五味醤油六代目/発酵兄妹(兄)。東京農業大学にて醸造と経営を学び、卒業後、タイの醤油メーカーに就職。「味噌屋の息子だから味噌が作れるだろう」と安易な理由で大抜擢され、味噌製造と調味料(ソース/たれ)の開発を担当。3年間勤めたのち、五味醤油にカムバック。会社名が「五味醤油」なので、近い将来、醤油の復活のための準備と山梨の味噌「甲州みそ」を広めるために日々奮闘中。4年前から大豆自給率を考えるためのトラスト参加型イベント「食レボリューション」にも参加。
Posted in blog, ごみちゃん話Comments Closed 

関連記事