blog
Jun 1, 2016

季節のものづくり教室

 

「季節のものづくり教室」

食べ物に旬があるように、花にも季節があります。
路地に咲く花や風景が
そっと四季を知らせてくれます。

そんな季節の移ろいを楽しめるような、
暮らしがちょっぴり明るくなるような、
草花や食物を五感で
楽しむ教室をKANENTEではじめます。

DSC_3174

6月は、
梅しごと、紫陽花のスワッグ作り、手前みその教室。
紫陽花のスワッグ作りには、
大人気の花屋さん
PoulpeSympa(プルプサンパさん)を講師にお招きします。

梅しごとワークショップ

umeshigoto?_1
▶︎6月11日(土)10:00〜11:30
詳細申し込みはコチラ

紫陽花のスワッグ作り

20160531_824997 2
▶︎6月18日(土)
午前の回 10:30〜
午後の回 14:00〜
詳細申し込みはコチラ

手前みそ教室

????????????????????????????????????

▶︎6月23日(木)10:30〜12:00
さっぱり米みそを仕込みます
詳細申し込みはコチラ

すべて食とものづくりの体験スペースKANENTEにて行います。
ご参加お待ちしております。

 

Jun 1, 2016

紫陽花のスワッグ作り

食べ物に旬があるように、花にも季節があります。
路地に咲く花や風景がそっと四季を知らせてくれます。

そんな季節の移ろいを楽しめるような、
暮らしがちょっぴり明るくなるような、
草花を五感で楽しむ教室を開催します。

20160531_824961

今回スワッグ作りとお花のことを教えてくださるのは、
PoulpeSympa (プルプサンパさん)
ウェディングを専門にされている緑ヶ丘にあるお花屋さんです。
定期的に行われているワークショップをKANENTEでも開いていただけることになりました。

20160531_824994

美しい紫陽花の季節にぴったりなスワッグ(壁飾り)をつくります。紫陽花、サンキライ、両方ともドライになりますので生花からドライへの変化をお楽しみくださいませ。

アジサイはすこしづつ茶色へ変化します。

サンキライは乾くと実が黄茶へ変化し
葉が落ちやすくなります。

アジサイは入荷時期により色が異なります。
赤みが多い場合もあります。生花ですので
画像と異なる場合もあります事ご了承下さいませ。

【紫陽花のスワッグ作り】

20160531_824997 2

▶︎開催日時
6月18日(土)
午前の回 10:30~(定員に達しました)
午後の回 14:00〜 ☆受付中☆

所要時間 1時間~1時間半程度

▶︎場所
KANENTE

▶︎参加費
4000円(税込)
(材料費・レッスン料含む)

☆☆プルプサンパさんにて、別日にも開催されます☆☆
6/14(火)13時30~(定員に達しました)
6/16(木)18時30~(定員に達しました)
上記日程の詳細、申し込みはプルプサンパさんホームページへ

▶︎申し込み(6月18日KANENTE開催分)

お名前(必須)

ご住所(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

参加回(必須)午前(10:30〜)午後(14:00~)

参加人数(必須)

その他メッセージがあればどうぞ(任意)

Posted in blog, KANENTE, 季節のものづくりComments Closed 

 

Jun 1, 2016

センスの先

センスセンスと言われる昨今ですが、
『センスの先』もセンスの問題な気がしてきて
書くのやめようかと思ってきたところですが
そこは僕のセンスで乗り切ろうと思います。

誰かの記者会見ぐらい『センス』連発してる。
さてはて

旬とか一瞬とか、たくさん作るより あなたのために作るとか。

とても感じた 三点(さんてん)を

MOUTAKUSANDA もうたくさんだマガジン
タイトルから良い。
ミュージシャンのKANTAの記事で曲をお願いした人しか聞けない曲を作る
音楽ってたくさん、同じものを聞いてもらえばOKじゃないんだって

adidas スケートビデオを
1日限定で配信する。結構費用かけてるのに、、
大きな会社なのに センスを感じる。
※後日アイチューンで有料配信でした でも1日無料なんて素敵だ

13318996_10209538751487915_661743198_n[1]

サケロックの解散ライブ
を生中継 これもシビレタし 良いライブだった
13330541_10209552589153848_1653497111_n[1]

Posted in blog, ごみちゃん話Comments Closed 

 

May 30, 2016

こんなはずじゃなかった

DSC_3178

「こんなはずじゃなかった。」
最近の口癖。
別にマイナスの意味ではなく、割とポジティブに使っている。

生活していると、そんなことばかり。
良くも悪くも、「こんなはずじゃなかった」と常々思う。予測不可能なことばかり。その状況を楽しんだものがち、逆境を楽しむというか、なんというか。

DSC_3075

この丸い石はきっと井戸に使われていた石。井戸がなくなった今、もはや産業廃棄物。石も思っているだろう、くり抜かれてこんなところに置かれて、「こんなはずじゃなかった」と。でも、そのくり抜かれて、高台に放置された今、穴から見える景色は気持ち良いはず。

DSC_3069

DSC_3064

週末は親戚が集まって、お田植え。休憩時間が1番人がいて、1番たのしい。だいたいそんなもの。

朝カエルが庭でぴょんぴょんと跳ねていた。うそみたいにぴょんぴょんぴょん。て。その動きも予測不可能。そんなカエルの動きも見逃さずにたのしみたいと思う、そんな5月の終わり。

Posted in blog, 五味一家の日々Comments Closed 

 

May 27, 2016

ばあちゃん

6月にやる梅しごとワークショップの前に、
小梅を漬けて予行練習しています。

ワークショップのことは
こちら

梅はばあちゃんちの裏の畑に取りに行ってきました。
84歳になる祖母は、とっても元気で自慢のばあちゃんです。森の中もひょうひょうと突き進みます。

DSC_3053

梅もぎに使う木の棒は一瞬で杖に変身
DSC_3061

街中を歩くよりも森や畑を歩くときのほうが足取りが軽いばあちゃん

梅干しっていうと、スーパーで箱詰めされているものを思い浮かぶけど、梅はそもそも梅の木になっているんだもんな〜。それを木から1つ1つもいで、漬けて、干して、製品化されて出回っているんだよな〜。すごく当たり前のことなんだけど、梅をもぎながらその尊さを実感しました。どんなものにも誰かの手が加わっています。そんな手しごとが自分でできたらすてきですよね。

DSC_3001

ていねいな暮らしなんて夢のまた夢だし、実践できないけど、季節をのんびり感じたり、旬のものをたべたり、ものが無駄にならないように保存食をつくったり、自分の身の丈にあった暮らしをたのしみたい。大好きなばあちゃんのように。

 

DSC_3008

Posted in blog, 五味一家の日々Comments Closed 

 

May 25, 2016

梅しごとワークショップ

季節のものづくり教室

【梅しごと】

梅のシーズン到来に向けて、
梅干しづくりワークショップ開催します。

umeshigoto?_1
昔は各家庭で作られていた自家製梅干し。
実は簡単につくることができます。今回は、中梅で梅干しをつくります。梅干しは塩漬けまで行います。後日各自で、しそ漬け、土用干ししてください。ご家庭で行う作業については、ワークショップにて説明します。(※写真は、小梅)

手作りすることで、季節を感じたり、自分の食卓へさらに興味を持っていただけたらうれしいです。

※材料の梅は発酵兄妹が祖母の畑からもいだ、山梨県産の中梅になります。

—————————————————

【梅しごとワークショップ】
▶︎開催日時
6月11日(土)10:00~11:30 (受付は9:45~)

▶︎場所
KANENTE

▶︎参加費
2,000円(梅干し500g、梅ジュースの試飲付き)

▶︎申し込み

お名前(必須)

ご住所(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

参加回(必須)午前(10:00〜)午後(14:00~)

申し込み口数(必須)

※大人1名につき1口以上のお申し込みをおねがいいたします。

その他メッセージがあればどうぞ
お子様などお連れ様がいる場合は必ず記入ください。(例:大人1名、子ども1名)


—————————————————

梅は発酵兄妹が収穫してきたものを使用します。
梅もぎの様子〜
umeshigoto_3

敷島のやまのなかの畑です。
umeshigoto_5

写真は小梅の収穫になります。
umeshigoto_4

ひとつひとつ手でもいで収穫します。写真の右が祖母です。祖母、孫、ひ孫で、この日は梅もぎをしました。

 

 

☆☆アクセス&ロケーション☆☆

富士山のようなかわいい建物が目印です。駐車場15台完備。

〒400-0861 山梨県甲府市城東1丁目15−10 甲府駅から車で5分、徒歩20分。
第二駐車場をご利用ください。
chuushajyo

富士山のような形が目印です。

Posted in blog, KANENTE, イベント, 季節のものづくりComments Closed 

 

May 19, 2016

みそ顔男子を探してきました

わたしDJみそしるとMCごはんちゃんの大ファンなんです。
1番最初に会ったのは2014年のフジロック(そのときの記事)そこから都内のライブなどちょこちょこ行っています。大ファンであることはもともとを公言しているのですが、ひょんなことから、おみそはんの出演する番組「ごちそんぐDJ」を製作しているかたと仲良くなりました。そして、この度、「ごちそんぐDJ-みそ漬けの回-」にコーナーゲストとして出演してきましたーわーーーーー!!!!!!

 

<しょうゆ顔>や<ソース顔>,ちまたでウワサの<しお顔>があるのなら、〈みそ顔〉があってもいいんじゃないのー?ということで、みそ屋として〈みそ顔〉を定義し、おみそはんと探してきました。

13240754_1034666593280525_234699711324149300_n

雨降りの浅草で、道行く人に声を掛け、どんな顔がコメントしていくというすごい企画!!ガチで知らない人に声をかけました。おみそはんとの掛け合いもとっても楽しく、スタッフのみなさんもとてもやさしく終始和やかに撮影できました〜。

おみそはんは、料理のつくりかたのラップを作詞作曲しているので、日々料理や食べ物のことを考えていて、移動時間や待ち時間も、おみそのことや味噌汁のつくりかたのことなどとにかく食べ物のハナシをしまくりました。ライブもメディア出演も増えているので、いつ製作活動しているのだろう、、、と思っちゃうほど。それくらい曲のクオリティーも高いです。ってわたしなんかが好評しなくても皆知っていますよね。かわいいだけじゃなくて、かっこいいんですよね。女の子のラップってものすごく好きです。これからも応援しています。あーラップしたい。

そういえば、フジロック行ったときにおみそはんがウクレレ弾いていて、真似しようとしたけど、結局練習していないや。ってすぐに影響を受けすぎている自分!!笑

ごはんをおいしく食べられればそれで幸せ。

そんな見逃しがちなささいな幸せを忘れないように、これからもがんばっていこうっと。

お昼のときに食べさせてもらったみそ漬けおいしかったです。卵黄の味噌漬けがお気に入りです◎

13244741_1034666599947191_4351513843630995985_n (1)

おみそはんありがとうございました。

また会える日をたのしみにしています。

みそ蔵にも遊びにきてね〜ん*

それでは聞いてください、ジャスタジスイ

Posted in blog, イベント, 五味一家の日々Comments Closed 

 

May 17, 2016

見返すと 同じようなことしてる

撮った写真見返すと 同じようなことしてるな
13227896_10209432839360178_2049355238_n[1]
恵林寺↑

4月 桜が散ったあと何か切なくなったり。
5月 山の緑が濃くなっていく姿に目を奪われたり。
季節関係なく 湖見に行きたくなったりとか。

では聞いてください 気楽な話 たぶんこれもいつか張り付けたね

しなきゃいけない コト じゃない どうしたいかを大事にしたい  
毎年この時期思う 

Posted in blog, ごみちゃん話Comments Closed 

 

May 13, 2016

自家製ひしおの作り方

大豆、米、麦に麹をブレンドした【ひしお麹】は、
お手持ちの醤油と合わせて【自家製ひしお】づくりにご活用ください。

吉祥寺にある「すごい堆肥」のあるレストラン
タイヒバンのシェフ桃さんとのコラボで生まれました!

【用意するもの】
hishio_3

ひしお麹 500g
水    250cc
醤油   750cc

※写真はすべて半量でつくりました※

【作り方】
1)ひしお麹を容器に入れます。
DSC_3860

2)計量した水を入れ、麹と混ぜ合わせる。
DSC_3862

乾燥したこうじがふやけてきます。

3)計量した醤油を入れて、よく混ぜ合わせる。
DSC_3863

4)常温に置き1日1回かき混ぜる。夏場は4-5日、冬場は5-7日ほどで完成。
DSC_0011
この間に麹の酵素が甘みや甘みを作り出します。

5)大豆麹が柔からかくなり、全体に甘みを感じたら出来上がり。冷蔵庫で保管
DSC_0014

Posted in こうじ, 商品Comments Closed 

 

May 10, 2016

教えてもらう

DSC_1395

日々いろんなことを

いろんなものことから教えてもらっている。

野に咲く花々から、向こうから吹いてくる風から、流れていく季節の移ろいに敏感でいたいと常々思う。そして、そんな生活をしたいから山梨に戻ってきたような。ちょっとカメラを持って花を撮ったり、やまを撮ったりそんなことを仕事の合間にのんびりしている。

日々ひとからもいろいろ教えてもらっている。
昨日はお店にきたお客さんから。

みそって調味料としては、完成品なんだけど、料理としては未完成品。誰かが料理というひと手前を加えて出来上がる。だからどうやってどんな風に料理になっているのか日々結構気になっていたり。

お客さんは、嬉しそうに「なすにとっても合うのよ〜、これじゃなきゃだめなの〜」と教えてくれた。なすの味噌炒めか、と想像してヨダレをじゅわり。店員と客の関係ではあるんだけど、なんかその瞬間は食べ物好きの井戸端会議のような。なんかそんな光景がとっても豊かでうれしかった。余裕があるときは、どんな風にみそ食卓で料理になっているのか聞いてみよう。もしよかったら教えてください。

話はすごい変わって先日DJしてきた。

IMG_9908

月刊若尾亮という、マルサン葡萄酒の若尾さんのイベント。勝沼のサンキングカフェでのんびりご飯食べて、お酒のんで、だべっているだけ。そこに私の好きな曲を流す。そんななんてことない時間なんだけど、みなさんとっても素敵な表情で良い時間でした。若尾さん、上村さん、きてくださったみなさん、ありがとうございました。

IMG_9868

 

Posted in blog, 五味一家の日々Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 22