五味醤油とは

kaishagaikan

             縦書きの大きな看板が目印です。

明治元年よりみそ・醤油の製造を始め、150余年にわたって醸造業を営んでいます。

現在は、みそ中心に醸造しており、小規模ながら地域性を生かした特色ある製品の開発・研究に励んでいます。 
家庭的な小さな会社だからこそ、昔ながらの製法にこだわった手づくりの良さをポイントに考えています。

about-002

日本全国どこに行っても、同じコンビニエンスストアやスーパーがあり、簡単に同じものを手に入れることができます。 同一化、簡素化の食品の流れの中で、醸造食品は各地の独特な製法で仕込まれ、その種類は実に多岐にわたり、地方色豊かな食文化を実感させるものです。
例えば、一口にみそといっても、1週間で製品化するものもあれば、3年かけて醸造するものもあります。 

この奥行きの広さゆえに、小さな会社でも可能性があり、存在意義があると確信しています。 
幼稚園や保育園の子どもたちやそのお母さん、学生さんや、公民館の催しまで、さまざまな人たちといっしょに体験をすることを大切にしております。醸造しつつ、その素晴らしさを語り続ける企業でありたいと願っています。

家族と蔵人さん、パートさんの力を借りて営んでいる小さな蔵ですが、工場見学や、ワークショップの開催などお気軽にご相談ください。

gomisyoyu

工場の大きな桶の前で、てまえみその「イェイ」ポーズ